[TEL] 06-6699-6300
[住所]大阪府大阪市住吉区遠里小野
     4丁目8-34

 

>
当所の取り組み

総合体力研究所の取り組み 医療に係わる事実 所長からの挨拶

 

 

 

総合体力研究所の取り組み

 

総合体力研究所は「正分子療法」を実施しています。
正分子療法はライナス・ポーリングが提唱する 「分子矯正医学」を 基礎にしています。

物質を用いる場合、副作用のある薬剤(天然、合成)を使うより、人体の生命維持に不可欠で、人体が合成できない物質(もしくは合成できても必要量が足りない物質)のみを用いて、体内濃度を変動させ、あわせて適正な活動、休息(睡眠)とのバランスを確保することで、よい健康状態を維持する方法です。
物質は分子、元素のレベルで対応し、必須の分子・元素を正分子といいます。

 

 

 

医療に係わる事実
  事実・その1
   

1988年のアメリカの一流医学雑誌『New England Journal of Medicin』の主幹であるイングルフィンガーは医療が疾病の治療にどのような役割を果たしたか次のように見積ました。

緊急医療の質と生活の質80%の向上が重要だといえます

 

  事実・その2
   

1998年アメリカの医師会医学雑誌『J,Am,Med, Assoc.279:1200』に正しく処方された(ミスを除く)医薬品による副作用死は年間約7万6千~10万6千人と発表されました。

翌1999年にはクリントン大統領が対策号令を発しました。

全米科学アカデミーの医学研究所は医療過誤死者(薬処方間違い、機械操作の誤り、医師の

診断ミス、看護師の措置ミス等)は約4万4千~9万8千人と推定し、経済損失は290億ドル(約3兆4000億円)に上ると報告しました。

大統領は「医療過誤で無駄に命を落とすことがないよう、組織的取組みが必要だ」と述べました。

正しく処方された医薬品による副作用死と医療過誤による死者の

合計は年間あたり12万人~20万4千人になり、一日あたり328人~558人にもなってしまいます。

緊急医療の質の向上は医師免許取得後、少なくとも6年以上

(一般内科医、外科医など4年、その後緊急医療2年以上)が

必要だと思います。

現行は医科大、医学部卒業後の医師国家試験で、免許を取得した臨床見習医(2004年以降、

2年間の臨床研修の義務・研修医)が(夜間の当直などで)緊急医療を実施している実情が

あります。

 

 

  事実・その3
   
Medically Caused Death in America アメリカでの医学的に引き起こされた死
An Exclusive Interview With Barbara Starfield (By Jon rappoport 2010.06.28
                                 Barbara Starfieldとの単独記者会見 2010.06.28
 
  On July 26, 2000, Dr. Barbara Starfield, revealed her findings on healthcare in America.     Starfield was, and still is, associated with the Johns Hopkins School of Public Health.
  2000年7月26日に、バーバラStarfield博士はアメリカでヘルスケアの上で彼女の調査結果を
 明らかにしました。
 
  The Starfield study, “Is US health really the best in the world?, published in the
Journal of the American Medical Association, came to the following conclusions:
  Starfield研究(「米国の健康は、本当に世界で最高ですか?」)は、米国医師会ジャーナル
発表されて、以下の結論に達しました。
  Every year in the US there are:米国の毎年の存在 
           12,000 deaths from unnecessary surgeries;
            不必要な手術からの12,000の死;
           7,000 deaths from medication errors in hospitals;
             病院における薬物エラーからの7,000の死;
           20,000 deaths from other errors in hospitals;
             病院における他のエラーからの20,000の死;
           80,000 deaths from infections acquired in hospitals;
             病院で得られる感染症による80,000の死;
           106,000 deaths from FDA-approved correctly prescribedmedicines.
             FDA認可の正しく処方された薬からの106,000の死。
 
 The total of medically-caused deaths in the US every year is 225,000.
 米国での医学的に引き起こされた死の合計は、毎年、225,000です
 
 This makes the medical system the third leading cause of death in the US, behindheart disease and cancer.
 これは医療制度を心臓病と癌に次ぐ、米国で第3番目の主要な死因にします。

 

 

所長からの挨拶

生活の質、特に栄養面においては食事指導の時代、分子6種類、元素2種類(3大栄養素を除く)

から、ようやく2000年に生命に必須の分子13種類、元素13種類の所要量、推奨量(目安量)などが示され、2005年にはさらに内容量の改定が行われました。(2010年まで)

酸素、水、3大栄養素(ブドウ糖、必須脂肪酸、タンパク質など13種類)と上記の26種類(13分子、

13元素)を含む37種類の生命に必須の分子・元素の確保が生活の質の中心になると考えて

います。(ただし、3大栄養素13種類を食事から確保すると残り37種類のうち約17種類が過剰傾向になり、約20種類は不足しますので要注意です)

当所にお越し頂ければ、資料代、その他お茶・コーヒー代など含めて2,000円(税込み)で各種の

資料提供等させていただきます。

是非、来所頂き、そして熱く語りたいと思います。お待ちしております。

また、正分子についてのご質問は直接総合体力研究所にお問い合わせいただいても、

正分子療法を取り入れている治療所の先生方にお問い合わせいただいても結構です。
一人でも多くの方に「もうひとつの健康法」を知っていただきたいと願っております。